HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

サッカー場でのゴミ拾いで賞賛される日本人

2014年のワールドカップ大会で、日本人が試合後、サッカー会場内でゴミ拾いをしていた、ということが海外のニュースで話題になりました。「使った後は使う前よりも綺麗にする」「ゴミは持ち帰る」という考え方は、日本人なら誰でも小さい頃から教えられてきたことだと思います。しかし、これだけセンセーショナルに報道されたということは、海外ではそうではないということです。私はこの話題についてインターネットで知った時、とても誇らしい気持ちになりました。私たちが自然と身につけていた習慣が、海外では強く賞賛されることであったとわかったからです。今までも、そしてこれからも、この素晴らしい考え方を守っていくべきですし、また日本以外の国々にも伝えていけるようになれたらいいと思います。

応援企業

叶内一彰 居酒屋は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 叶内一彰 居酒屋
WEBサイト 居酒屋が好きな叶内一彰
事業紹介 自身が経営する店舗の課題について、日夜検討し、近隣の人気がある競合他店舗を視察し、参考にしているという。 出身地の長野県松本市には全工区的に有名な松本城があり、国際会議観光都市に指定(Wikipediaより)されているという。 一番好きな店は焼き鳥屋だが、自身ではあえて焼き鳥屋はやらないという。 日中は、歴史を感じる喫茶店や、話題のカフェを巡るのが昔からの日課である。 幼いころからパソコンを触っていたこともあり、webまわりのことは比較的詳しい方である。 リモートワークが難しい(無理な)職種について、今後どのような対策を打っていくかを考えている。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。